Blog&column
ブログ・コラム

不動産にかかる税金にはどんなものがある?

query_builder 2022/06/15
コラム
42
この記事では、不動産関連で発生する税金についてご紹介します。
不動産の売却や相続などが問題なく行えるようにするために税金の知識は大切なので、知っておいて損はないでしょう。

不動産に税金がかかるときとは
不動産を取得したとき
契約書を作成するのに必要な印紙税、不動産登記をするのに必要な登録免許税、不動産取得税などがかかります。
不動産取得税は60日以内に申告する必要があるので、忘れずに余裕を持って申告するようにしましょう。

不動産を売却するとき
不動産を売却にかかる税金が所得税です。
不動産の所有期間で税率が変わるので、よく確認しましょう。

不動産を所有しているとき
土地や建物を所有しているときに必要なのは、固定資産税と都市計画税です。
税率は地域によって異なり、特例が受けられることもあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

■その他
不動産相続したなら相続税がかかり、不動産を贈与によって受け取ったら贈与税がかかります。

▼まとめ
今回は、不動産を扱うときにかかることがある税金をまとめました。
様々なパターンで税金が発生することがあるので、不動産関連の税金はよく知っておきましょう。
ウエル総合企画は福岡県糟屋郡で、物件の仲介や管理など様々な方面からサポートしております。
不動産の経験や知識を活かして、お客様のお悩みの解決できる最適な方法をお探しします。
糟屋郡はもちろんのこと、福岡エリアに物件を所有される遠方の皆様も歓迎ですので、不動産関係でお悩みでしたらご相談ください。

NEW

  • 相続本舗の動画が出来ました

    query_builder 2021/08/11
  • 不動産投資とは?仕組みと方法を解説

    query_builder 2022/12/01
  • 知っておきたい不動産投資節税ポイントは?

    query_builder 2022/11/03
  • 不動産売買の手順ついて

    query_builder 2022/10/05
  • 不動産売買でありがちな悩みとは?

    query_builder 2022/09/03

CATEGORY

ARCHIVE