Blog&column
ブログ・コラム

賃貸収入の確定申告で計上できる経費について

query_builder 2022/01/01
コラム
29
確定申告というと自営業の人が行うというイメージがありますが、実は家賃収入を得ている人にも確定申告を行う必要があることをご存じでしたか?

▼賃貸収入を得ている場合は確定申告が必要
毎年2月頃になると、確定申告という言葉を耳にするようになります。
会社員として勤めている人にとっては確定申告はあまり関係のないことかもしれません。
しかし、もしもアパート経営などをしていて賃貸収入を得ている人は、確定申告をしなければなりません。

賃貸収入を得ている人は、収入の額がいくらであっても全員が確定申告をする必要があります。
その理由は、不動産による所得が20万円を超える場合、確定申告をする義務があるからです。
そして、不動産による所得が20万円以下でかかった経費が賃貸収入よりも高かった場合、多く支払った税金が戻ってくる可能性があるため確定申告を行った方が節約につながるのです。

不動産所得の計算の仕方
不動産所得は、次の計算式で算出されます。
「総収入額-経費=不動産所得」

総収入金額は、家賃、礼金、返還が不要な敷金や保証金、家賃以外に受理している共益費などです。
このとき、不動産所得から経費を差し引くことで節税することが可能となります。
経費とは、税金、保険料、管理会社への委託料、登記を依頼した際の司法書士などへの報酬、建物の減価償却費、修繕費、建物購入のために組んだローンの金利になります。

▼まとめ
賃貸収入を得ている人は確定申告をして税金を納める義務があります。
不動産所得の計算の仕方や経費の内訳を理解して、節税に努めましょう。

NEW

  • 相続本舗の動画が出来ました

    query_builder 2021/08/11
  • 家を買い替える際のポイント

    query_builder 2022/04/15
  • 日当たりの良い部屋を選ぶメリットについて

    query_builder 2022/04/01

CATEGORY

ARCHIVE