Blog&column
ブログ・コラム

投資を目的とした中古物件の選び方とは?

query_builder 2021/09/21
コラム
14
中古物件は、自分が住むためではなく投資目的で買われることがよくあります。
今回は、そんな投資目的での中古物件の選び方を見ていきましょう。

▼投資目的での中古物件の選び方
投資を目的に中古物件を購入する際は、選び方にいくつかポイントがあります。

■立地
中古物件の選び方のポイントの1つ目が、立地です。
賃貸物件に入居するにあたり、利便性を重視される方は少なくありません。
いわゆる駅チカと呼ばれる物件は、駅までの距離が近く、周囲に商業施設もあって便利という理由で選ばれます。
こうした立地条件に恵まれている中古物件を選べば、生活の利便性を重視する入居者を、一定数確保できるでしょう。
ただし、駅チカ物件は中古物件でも値段は高めですので、購入予算に十分な余裕を見ておく必要があります。

■築年数
住宅街に投資目的の中古物件を購入する際は、物件の築年数を基準とした選び方をするのがポイントです。
駅チカという利便性を享受できない以上、「できるだけ築浅物件に入居したい」というのが、入居者側に共通する思いでしょう。
ただ、築年数が浅い中古物件は駅チカ物件と同様、購入にかかる費用は高めとなる可能性があります。

■設備
駅から徒歩20分圏内で、築年数もそこそこ経ているという中古物件は、投資目的で購入するには最も手が出やすい価格帯です。
とはいうものの、物件そのものにこれと言った魅力がないと、入居者が見つからないリスクが高くなります。
こうした中古物件を購入候補として検討する場合の選び方としては、設備に注目するのがいいでしょう。
見た目はごく普通の中古物件でも、リフォーム済みで最新の設備を揃えているとなれば、ある程度の入居者の数を見込めます。

▼まとめ
投資目的で中古物件を購入する際、何か基準を決めて選び方を考えるのがおすすめです。
その基準となるのが、立地や築年数、設備が整っているなどの要素で、予算に合った選び方ができるでしょう。
弊社は不動産の運用に関するご相談も承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

NEW

  • 相続本舗の動画が出来ました

    query_builder 2021/08/11
  • 不動産仲介の業務内容は?

    query_builder 2022/08/01
  • 不動産物件の上手な探し方とは?

    query_builder 2022/07/15
  • 不動産会社の選び方について

    query_builder 2022/07/01
  • 不動産にかかる税金にはどんなものがある?

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE