Blog&column
ブログ・コラム

収益物件とはどんな物件?

query_builder 2021/09/17
コラム
13
収益物件とは、その名の通り収益を生み出す物件のことですが、どうやって収益を生むのでしょうか。
今回は、収益物件について詳しく見てみましょう。

▼収益物件が収益を生む仕組みとは
収益物件が収益を生むのには、投資という仕組みがあります。

■そもそも収益物件とは?
収益物件とは、毎月一定の収益を生み出す不動産のことです。
主な収益は賃料で、家賃やテナント料などが挙げられます。

■主な目的は投資
収益物件の多くは、投資目的で運営されていると言っても過言ではありません。
そのため、収益物件はしばしば「不動産を用いた投資」という意味合いで使われ、「不動産投資」という言葉をご存じの方も多いのではないでしょうか。
こうした理由から、収益物件の持ち主はこれまで賃貸物件の運営をした経験がない方が多く、不動産会社が間に入って運営を行うケースが大半を占めています。
代々受け継いできた不動産を賃貸物件にして家賃収入を得る、いわゆる大家さんが管理する賃貸物件と比較すると、少々異なるニュアンスを持つ物件と言えますね。

■収益物件の仕組み
収益物件を所有する一番の目的は、毎月コンスタントに賃料収益を得ることですので、先行投資として不動産を購入しなくてはなりません。
その後、入居者が入ることにより、収益が発生する仕組みです。
それにはまず先行投資のための資金がいることと、収益を得られる物件にするための工夫などが必要となってきます。

▼まとめ
大家さんとして昔から賃貸物件を経営している方とは異なり、収益物件は投資目的で購入し、運営される仕組みです。
そうなると、収益物件のオーナーに賃貸経営未経験者が多いのも納得ですね。
弊社は投資目的で購入された物件を、収益物件にするためのお手伝いをいたします。
どうぞお気軽にご相談ください。

NEW

  • 相続本舗の動画が出来ました

    query_builder 2021/08/11
  • 土地をできるだけ高く売る方法について

    query_builder 2022/01/22
  • 賃貸物件の修理費用はオーナーと入居者のどちらが支払うもの?

    query_builder 2022/01/08
  • 賃貸収入の確定申告で計上できる経費について

    query_builder 2022/01/01

CATEGORY

ARCHIVE