Blog&column
ブログ・コラム

内覧と内見の違いについて

query_builder 2021/08/13
コラム
4

内覧と内見って何が違うの?と疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。
今回は内覧と内見の違いについて、詳しく紹介していきたいと思います。

▼内覧とは
内覧とは、内見と同じ意味合いで使われるもので物件を実際に見学することをいいます。
内覧は新築物件やモデルルームなどでよく使われることが多いです。
内覧は関西方面で、内見は関東方面でよく使われる傾向にあります。

▼内見とは
内見とは、内部見学の略で自分が気に入った部屋を実際に見学することをいいます。
不動産会社で物件情報を紹介してもらって内見を行います。内見では細かいところまでしっかりとみて、引越し後などに後悔しないようにしましょう。

▼内覧と内見の違い
内覧と内見には大きな違いなどはなく、同じ意味合いを持っています。
不動産では、購入する前に部屋を見るのが内見で、新築して引渡し前に部屋を確認するのが内覧としているところが多いようです。

▼内見時のポイント
内見の際には箇所ごとに細かくみていきチェックしておくことをおすすめします。
まず玄関、シューズボックスの収納量、インターフォンの有無、ブレーカーのアンペア数、部屋の広さや奥行き、コンセントやケーブルの位置、クローゼットの奥行き、インターネット環境など生活を行ううえで適しているかしっかりと見極めることが大切になってきます。
また、日当たりや水回りの状況もチェックしておくことが重要です。

▼まとめ
内覧と内見はどちらも部屋を見学するもので大きな違いはありませんが、この部屋に住むかどうかを判断する大事な作業になってきます。
ですので、内覧・内見の際には後々後悔しないためにもしっかりと見て自分の条件に合っているのか見極めてみてください。

NEW

  • 相続本舗の動画が出来ました

    query_builder 2021/08/11
  • 家を買い替える際のポイント

    query_builder 2022/04/15
  • 日当たりの良い部屋を選ぶメリットについて

    query_builder 2022/04/01

CATEGORY

ARCHIVE